故人様がお亡くなりになり、故人様の預貯金を葬式の資金のたしにと考えていたけど、

いざ、口座から預金を引き落とそうとした時に預金を引き出せなくなっている。

つまり、預金が凍結してしまった、なんてことが多くございます。

この場合のケースと対処方法について記載いたします。

 

なぜ金融機関は口座を凍結するのか?

まずは、金融機関が死亡された方の口座を凍結しなくてはならないのかを理解する必要があります。

これは、死亡された時点で、預貯金は全て相続の対象となるからです。

ですので、他の相続人が受け取る権利があるものを、むやみに引き出すことを防ぐ必要があるからです。

 

どうやって金融機関が死亡した情報を得ているのか?

各金融機関は、死亡した事実を確認できる手段は、新聞お悔やみ欄が一番有力であると言われています。

各市町村へ死亡届を届けに行く場合に、その情報が各金融機関へ漏えいすることは考えられません。

ですので、近年増加している家族葬などの新聞掲載をせずに小規模で行う葬儀の場合は、

凍結されずに済む場合もあります。

凍結されないからと言って、死亡後に葬儀の費用に死亡された預貯金を引き落とすことは得策とは言えません。

 

葬儀の費用として考えているのであれば事前に引き落としておく必要がある?

もじ、葬儀を行う時の費用を故人様の預貯金からと考えている場合は、

凍結する前に、葬儀分の費用を引き落としておくことも一つの方法ではあります。

ですが、他の相続対象者にとってこの行為は財産の持ち逃げという判断をされてしまう場合もあります。

 

金融機関に「取引履歴明細証明書」を発行依頼をした場合、過去の取引履歴を確認できます。

他の相続者から葬儀の費用にと使用した預貯金の返還請求をされる場合もありますので、

相続対象者との相談も十分した上での決定をされた方が良いでしょう。

 

凍結された口座の解除方法

凍結された口座を解除するためには、以下の書類等が必要になります。

死亡者の戸籍謄本

相続人全員の戸籍謄本

相続届(各金融機関により書式は異なります)

相続人全員の印鑑証明書

 

上記手続きをする場合に、「遺言書がある場合」と「遺言書がない場合」で必要な書類が異なりますので、

詳しくは各金融機関に確認されることをおすすめします。