遺品整理は故人の家やお部屋を片付ける事を言います。
遺品整理時は、必要な物をはっきり明記しておく必要があります

 

 遺品整理の対象となるもの

基本的には、生前故人様が所持されていたものとなります。

checkred1_1故人の思い出の品
checkred1_1写真
checkred1_1判子
checkred1_1権利書
checkred1_1現金
checkred1_1骨董品

等が該当となります。

 

 自分自身で遺品整理を行う場合

生前故人様がお使いになられた物を整理整頓し、必要な不要なものに仕分けをします。
不要な物については、燃えるもの、燃えないもの、ビン・プラスチック類、金属類への分別が必要になります。

分別したものは、各市町村で指定されているゴミ袋へ収め、指定処理場への持参が原則となります。

 

ここで分別が必要な家財品の例を挙げてみます。

checkred1_1タンス
きれいに木材と釘を分けなければいけない場合もあります

checkred1_1ベットマットレス
中綿とのベットスプリングを分けなければいけない場合があります。

 

 業者にお願いするメリット

業者にお願いした場合は、面倒な分別作業などはプロがやるため時間と手間がかかりません。
一軒家全てでも、業者にお願いをすれば、平均2日から3日で終わるというケースが多いです。

ご自身で一軒家の整理をするとなると平均2ヵ月くらいはかかるようです。

 

 業者にお願いする場合の注意点

その1.業者にお願いする場合は、必要な物リストなどを書面で書いてお渡ししておくとよいです。
「全てお願いします」といってしまうと、どれこれ構わず捨てられてしまいます。

 

その2.遺品整理中に財産(現金等)が発見されたときの対応を確認しましょう
口頭で委託した際は、遺品整理時に発見した現金が出てきた場合、委託業者が黙って回収してしまう場合もあります。
過去には、100万円以上の金額を黙って回収されてしまったケースもあるようです。

業者に依頼をする場合には、必ず遺品整理中に発見された現金や預金通帳などは、報告を頂くよう業者に再三お願いをする、または、書面にて確認を取るなどといった方法を取られるのがおすすめです。

なお、遺品整理時に現金が出てくる量は平均15万円程度といわれており、割と大きい金額だと思います。
逆に優良業者などは、何も言わずとも遺品整理中に発見された現金は依頼主に返却するか依頼された費用から引いてくれる事もあります。

 

その3.一般廃棄物資格があるか等を確認をしましょう

ご自身で処分をされる場合は特に問題はありませんが、業者が遺品整理業務を行う場合、基本的には一般廃棄物法に基づいて不用品を処分することが義務づけられています。

一般廃棄物所持業者は大手企業が多いため、処分に時間がかかる場合もかなり多いようです。

この場合、便利屋業などといった所にお願いする方もいます。

便利屋で一般廃棄物がない場合は市町村によっても異なりますが、トラックがない、男手がないなどといったケースの場合、委任状を頂ければ処理作業を代行で行っても良いという条例を設けた市町村もあります。

 

もし、委任状を無く、処分を行った場合はお客様も、法により裁かれる対象となる場合があります。
依頼者様へも不法投棄と変わらず、1000万以下の罰金が科せられますことがありますので、十分に注意が必要です。

 

 遺品整理を業者にお願いした場合の相場金額は?

処分する物品の種類・量により異なりますが、6畳一間の遺品整理の場合平均で7万円ほどが相場とされています。

また、一軒家全てを処分する場合は、平均80万円ほどかかります。

 

※予備知識
【東日本と西日本では処分料金が3倍くらい違う】
燃えるゴミの処分料は、1kg処分する場合値段でいうと、西日本では相場が7円位で東日本の相場は25円位と3倍以上の差が出てくる場合があります。
西日本のほうがゴミの処分料金は安くなる傾向があります。

 

 遺品整理士資格の有無

実際に遺品整理する際に遺品整理士資格は必要ありません。
これは国家資格ではないためです。

ではなぜ遺品整理士資格というものが存在するのでしょうか?
遺品整理士資格があるからといってゴミ捨てのプロではありません。
遺品整理をするうえであったら金額があげれるため業界が設けた資格です。

遺品整理士資格があってもなくても実際にやることは同じです。

 

 さいごに

良い業者に当たればとても気持ちがよいのが遺品整理です。
故人様の遺品を処分される際はしっかりとお話しができる業者を選びましょう。

 

遺品整理、生前整理サービスとは、故人のお部屋にある荷物の中から必要な物、不必要な物を分別し、不必要な物を回収・処分するサービスです。
よろこば葬運営元とうえんのおそうじ.comのサービスクオリティをそのままに更にお得にご利用できます

 

お客様からお喜びの声を頂きました

各サービスをご利用いただいたお客様からのご感想の一部(許可をいただいているもののみ)をご紹介させていただいております。
両動画ともよろこば葬運営元とうえんの遺品整理サービス、おそうじ.comをご利用された方のアンケート動画です。

料金プラン

事前相談割引でお得に整理
(会員割引)提示金額から5%OFF
※よろこば葬のお葬式をご利用された方が対象となります

(参考定額プラン)

軽トラ<軽トラック1台分>

1台:¥30、000~
遺品の選別作業
不用品の回収作業

2tトラック<2tトラック1台分プラン>

1台:¥60、000~
アパートほどの大きさの部屋に適したプランです
軽トラックの約2倍ほどの積載量があります

4tトラック<4tトラック1台分プラン>

1台:¥120、000~
1件家ほどの大きさの部屋に適したプランです。

2tトラックの2倍多く積みこむことが出来ます

遺品整理とは?

遺品整理とは故人の物を分別し、とっておくものと不用品にわけて処分するサービスです。

checkred1_1処分しなければならないけど思い出してしまって処分できない・・・
checkred1_1捨てていいものが区別できない・・・
といった方におすすめです

 

遺品整理を生前に行う方も近年では増えており、これを生前整理と言います。

checkred1_1遺族が大変になるようなものは残しておきたくない・・・
checkred1_1自分が亡くなる前の整理くらいはしておきたい・・・
checkred1_1入院が長くていつ亡くなるかわからないから、今のうちに整理して無事に葬儀を迎えたい・・・
といった方におすすめです。

 

遺品整理、生前整理を個人でやろうとしても膨大な時間がかかります

遺品整理、生前整理はどちらをやろうとしても個人ではとても時間がかかります。

タンス、別途などの大型家具はトラックなどの大型車や人手がいないと運べないので、非常に運ぶのにも骨が折れます。

また、分別に困るものなど個人で一軒家を行うと毎日やっても平均で1か月かかります。

しかし、遺品整理専門家がした場合一軒家でも3日程度で終わります。

遺品整理画像
遺品整理にお困りなら、よろこば葬遺品整理サービスにお任せ下さい

 

お問い合わせの流れ

その1.お電話下さい

受付専用080-8884-0436までお電話ください。

・少量の整理ご依頼にも対応いたします

・ご希望に応じて夜間や早朝の時間帯でも対応いたします

上記の受付専用ダイヤルにてお気軽にご相談ください。

 

その2.お見積りを行います

見積りは無料にて行います。

実際に現場を見させていただき、お見積りをさせて頂きます。お見積り金額にご納得頂ければ、作業日程の調整をいたします。

 

その3.当日の作業

個人情報、プライバシーに関するものは処分いたしますので、個人情報の漏えいの心配はございません。

状況によっては、当日作業に入ることも可能です。

 

 サービス対応地域

長野県内どこでも対応します

小諸市 | 佐久市 | 小海町 | 佐久穂町 | 川上村 | 南牧村 | 南相木村 | 北相木村 | 軽井沢町 | 御代田町 | 立科町
上田市 | 東御市 | 長和町 | 青木村
岡谷市 | 諏訪市 | 茅野市 | 下諏訪町 | 富士見町 | 原村
伊那市 | 駒ヶ根市 | 辰野町 | 箕輪町 | 飯島町 | 南箕輪村 | 中川村 | 宮田村
飯田市 | 松川町 | 高森町 | 阿南町 | 阿智村 | 平谷村 | 根羽村 | 下條村 | 売木村 | 天龍村 | 泰阜村 | 喬木村 | 豊丘村 | 大鹿村
上松町 | 南木曽町 | 木曽町 | 木祖村 | 王滝村 | 大桑村
松本市 | 塩尻市 | 安曇野市 | 麻績村 | 生坂村 | 山形村 | 朝日村 | 筑北村
大町市 | 池田町 | 松川村 | 白馬村 | 小谷村
長野市 | 須坂市 | 千曲市 | 坂城町 | 小布施町 | 高山村 | 信濃町 | 飯綱町 | 小川村 | 中野市 | 飯山市 | 山ノ内町 | 木島平村 | 野沢温泉村 | 栄村

※長野県内のどこでも出張致します。遺品整理・生前整理でお困りのときはお気軽にご相談ください